さおりんに伝えたい!正しいクレンジング&洗顔

スキンケアの話

心友のさおりんから相談を受けました。1ヶ月後に迫る大切な日までにお肌を綺麗にしたいと・・・。

さおりんはシングルマザー。
まだ娘さんが小さな頃に離婚して、自分が病気になるほど懸命に働いて娘さんを立派に育て上げました。だから今まで自分の化粧品やメイクに気を使っている余裕なんてなかっただろうし、もともと可愛くて実年齢より若く見える彼女だからお肌に対する危機感も感じなかったと思うの。

とても年上とは思えない、若くて可愛いさおりん。

ただ最近、ステージに立ち大勢の人に向かって講演をするまでにスキルアップしたさおりん。人は誰かに見られる立場になると身なりが気になりだすものだよね。
特にここ最近は、お肌のたるみが気になっているみたい。テニスが趣味の彼女は紫外線を浴びることも多いから、その影響も現われてくる年頃です。今あるシワやシミ、たるみの原因はたいてい5年前の生活やお手入れが大きく関わっているものだから・・・。
ねぇ、さおりん。紫外線対策はやっぱりここまでしなくっちゃ!(笑)

必死のパッチで紫外線対策している私にくらべて無防備なさおりん(笑)

表現力が豊かで、頭が良くて、行動力があって・・・学歴も社会的地位も申し分ない彼女。もちろん人柄もね。
そんな彼女に私が教えられること、役に立てること、力になれることがあるなんて、めっちゃ嬉しい!!ってことで、このブログをさおりんに捧げます。
スキンケアやメイクに関しては、殆ど知識がないさおりん。基礎の基礎からいくよ〜。

正しいクレンジング&洗顔

さおりん!お顔の皮膚はね、サランラップ1枚くらいの厚さしかないの。だから強くこするとクシャっとなっちゃう。お肌にとって摩擦はシワたるみくすみの元になるんです。とにかくとにかく優しく触ってあげてね。
まずはクレンジングクリームをお肌に伸ばすのだけど、ここで気をつける事がひとつ。
お顔の筋肉は中心から外側に向かって流れています。筋肉の流れに逆らってクリームを伸ばすとシワやたるみの原因になるので気をつけて!
手の平にクリームを乗せてから(手の平は皮膚温が高いので、程よく温められたクリームがお肌に馴染みやすくなります。)頬、おでこ、鼻、顎にのせ、こんな感じで伸ばしてね。

クレンジングクリームを優しく馴染ませていると、クリームを滑らせている指の感触がフッと軽くなります。これがファンデーショがお肌から浮き上がった証拠。そうなったらぬるま湯で洗い流してね。
お風呂でクレンジングする場合、シャワーを顔にあてて洗い流すのは厳禁です!シャワーの勢いが強すぎて、これも摩擦になるのでくすみの原因になるの。

クリームをしっかり洗い流したら水気を拭き取って、今度はマッサージクリームをお肌に伸ばします。(ノエビアの場合は両用タイプなので同じクリームを使ってね。)
送った動画の通りにマッサージしてくれたら大丈夫。この時ももちろん優しくね!
特に目の周りは皮膚が薄いのでマシュマロタッチ(マシュマロが潰れないくらいの力加減)で!

マッサージが終わったら、もう一度洗い流して今度は洗顔です。
洗顔は泡が命!!送ってあるスペシャル洗顔ネットでよ〜く泡だてて、手が顔に触れないように泡だけで顏を包み込んであげてね。ゴシゴシしなくても、ちゃんと汚れは落ちているから大丈夫。
もし、洗顔後に顔がツッパるようなら、その洗顔料は汚れと一緒にお肌に大切な潤い分まで洗い流している証拠。お肌に良い洗顔料は洗い上がりがツッパらず、お肌がしっとりします。そうじゃない場合は使うものを見直してね。

正しい洗顔

お肌に付ける化粧水やクリームには気を使うのに、クレンジングや洗顔料はどうせ洗い流しちゃうんだから何でも良い!と思っている人もいるけれど、汚れを落とす物こそ重要なの。
汚れだけをしっかり落として、美容成分を受け取る土台をこの時点で作れなければ、その後にどんなに高価で良いものを付けても効果は半減してしまうから。

正しいものを使って正しく洗えば、それだけでお肌は変わります!
今夜からさっそく試してみてね!!次回は化粧水の正しい付け方だよ〜。楽しみにしててね!

このさおりん、可愛くて好き♡

さおりん

 この記事の投稿者

菅原裕子

北海道 釧路市でノエビア化粧品のサロンを経営しています。ブライダルメイクで培ったメイクテクニックで女性を若返らせることを中心に「仕事と家事と子育てに忙しい釧路のママ」の毎日を楽しくする為の様々なメニューやイベントを毎月開催中♬ お酒が大好きで365日かかしません!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ