行きたい人は早めに予約を!釧路の隠れ家的和食店「清水」

菅原裕子の日常

なかなか予約が取れないお店ってあるよね。先日ランチに行った「清水」さんもそのひとつ。隠れ家的なお店を探すのを得意とする友人が、三度目の正直でやっと予約を取ってくれたの。

ネットで調べた住所をナビにセットして到着したのだけれど、お店が何処にも見当たらない。車から降りて、あちこち歩いてみたけれどやっぱりない。「隠れ家的って、どんだけ隠してんのーーっ?笑笑」

電話をしてみたら、なんとネットに乗っているのは昔の住所なんですと!調べて住所が「貝塚」になっていたら、それは間違いなのでご注意ください!(笑)今は「富士見」にあります。

お店は人通りもない住宅街にひっそりとありました。和服姿の女将さんが心配して外で待っていてくれて〜。一軒家をリノベーションした素敵な佇まい♡

後から発覚したのだけど、清水さんのリノベーションを手掛けたのは予約を取ってくれた友人の叔父様でした!

案内されたのはテーブル席。

隣に掘りごたつのお部屋がひとつ。1日1〜2組の予約しか受け付けないので、なかなか予約が取れないのです。

ランチは1,500円のお弁当から4,500円のコースまで。「贅沢だけど、やっと取れた予約だから奮発しよう!」と言うことになり、私達は3,000円のコースを♡

とても手が込んでいる先付けを食べて、コースにして良かったと確信!

ししゃもの春巻きは初めて食べたけど、ほんのり苦味があって日本酒が欲しくなる〜。

煮物は、素材によって煮付け方を変えているのがわかる〜。

可愛い器で運ばれてきたのは、桜餅風に蒸した鯛♡ こちらも優しいお味〜。

揚げ物は蓮根のはさみ揚げをポン酢のジュレで。蓮根の歯応えがたまらなーい♪♪

ウドの酢味噌和え。ウドが苦手な友人も「これなら食べられる」と喜んでいた♪

プリンのような濃い卵色の茶碗蒸しもトロトロで絶品!

フキノトウの天ぷらは、抹茶塩、ゆず塩、ハーブ塩で頂きます。口いっぱいに香りが広がる〜♡

続いて運ばれてきたのはこちら。鰹節、まぐろ節、おぼろ昆布、三つ葉、椎茸、生麩などで表現された春のお花畑。

このお花畑から自分で好きな具材をお椀に入れて、11種類のお塩をブレンド。

お客様ひとりひとりのオリジナルが作れるお吸い物!めっちゃ楽しい〜⤴︎︎︎⤴︎︎⤴︎︎︎

お出汁は2杯分あるので、塩を変えて二度楽しめるの。

ご飯は旬のタケノコご飯。なんと!タケノコの皮に包まれて登場〜。

失敗したーーっ!前日に捨てたタケノコの皮が悔やまれるっ!! 次々出てくる美しくて楽しい芸術品。やっぱりお料理ってセンスだね〜。

デザートは梅のゼリー。こちらも本当に美しい。

何処かで修行したわけでもなく、どれも女将さんがオリジナルで考えたものだそう。このお値段でこのクォリティ。予約が取れないハズだよね〜。

自分のことは棚に上げて、何かと口煩い主婦3人も大満足(笑)

これは一度、夜のお料理も味わってみたいな。友人が早速予約したそうだから報告が楽しみです♪♪ 菅原的には、友達のお誕生日なんかの特別なランチに予約したいお店だな♡

間違えちゃいけない新住所はこちらです(笑)
↓↓↓
おもてなし家庭料理「清水」
釧路市富士見2丁目9-6 ☎︎0154-42-2815

 この記事の投稿者

菅原裕子

北海道 釧路市でノエビア化粧品のサロンを経営しています。ブライダルメイクで培ったメイクテクニックで女性を若返らせることを中心に「仕事と家事と子育てに忙しい釧路のママ」の毎日を楽しくする為の様々なメニューやイベントを毎月開催中♬ お酒が大好きで365日かかしません!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ