何色のお洋服を着ても素敵に見せる方法。

連休明けの今日は大好きなピンクのブラウスで出勤♪
私に元気をくれる色です!!

そんな今日はチークやリップにもピンクを♡

お洋服とメイクの色に統一感があると、よりお互いを魅力的に見せてくれるからね。

でも、中には何色の服を着てもメイクは同じ色…という方もいるよね。そんな人は「今日はなんだかチグハグだな」「なんとなく顔色が冴えないな」と感じる日はありませんか?

例えば彼女。先日、心友のうららを彼女のフィットカラー(彼女を1番綺麗に見せる色)を使ってメイクしたの。

カーディガンの中のインナーにも彼女のフィットカラーのドレープをイン!お洋服とメイクの色が合っているから、顔色も綺麗で彼女の素敵さが更に引き立つよね!

じゃあ、こちらはどう?同じメイクなのに、さっきのうららより、顔色が黄色っぽいし可愛いピンク色のリップもくすんでしまう。

これは顔周りにあるお洋服の色とメイクの色が合っていないから。

インナーのカラシ色がうららのフィットカラーとは真反対の色だというせいもあるけれど、この場合、ファンデーションをオークル系にしてリップはブラウンやベージュ系。チークをコーラルやオレンジ系にするとお洋服との統一感がでて、違和感は緩和されます。

1枚目の写真のように、服もメイクも自分のフィットカラーで統一できたらもちろん最高なんだけど、違う系統の色のお洋服だって持っているはず!

ノエビアのNCCを使ってうららのフィットカラーを判定してくれたのは「色彩マインド研究所Luna」の高橋朝日さん。彼女の色彩センスとアドバイスはとても信頼できます!

そんな時は、お洋服の色に合わせてメイクの色も変えてあげてね!お洋服もあなた自身も、両方ステキに見せてくれるよ〜♪♪

サロンYOUでは、あなたを素敵に見せるフィットカラーのアドバイスやフィットカラーメイクのサービスをしています。自分の肌を綺麗に見せる色、若々しく見せる色を知りたい方は遠慮なくお申し付けくださいね〜♪♪

 この記事の投稿者

菅原裕子

毎日何人もの女性の顔に触れているせいか、女の顔には「生き方」や「考え方」がぜ〜んぶ出てしまうんだなって実感しています。
私の言葉や施術を通して、あなたが女性として「死ぬまで良い顔で生きられる」お手伝いできたら嬉しいと思い、日々感じていることや美容ネタを綴ります。
北海道釧路市でノエビアの美容サロンを経営。ブライダルメイクアップアーティスト。若返りハッピーメイク主宰。
お酒が大好きで365日欠かさない、息子2人をもつ母親です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ