30代のママへ。〜美しい人は自分を大切にしている。

私、先輩たちやお客様を見ていて確信しているんですけど、美しい人、輝いている人は皆、自分に手間とお金をかけています。
正直、何もしなくても綺麗でいられるのはせいぜい20代まで。それ以降は自分にかけているかどうかでどんどん差がついてくる。

ここで勘違いして欲しくないのは、高価なものを買うとか、家族より自分を優先するとかいうことではなくてね。私的に思う自分にかけるとは自分を大切にするってこと。
ただそこに居るだけで輝いていた10代。周りからチヤホヤされた20代。結婚して子供を産んで。。。ふと鏡に映った自分を見て「え?いつの間に?」と今までとは違う自分に気がつく30代(笑)

ここです!ここが勝負です!!もしあなたにそんな瞬間があったとしたら、どんなにショックでも自分を諦めないことが大事。
ここで禁句なのが「面倒臭い」と「そんな暇ない」
この二つの言い訳をし始めたら最後、あなたはそのまま坂道を転げ落ちるように女性の魅力を失っていきますよ!
大丈夫。あなたはもともと美しいのだから、手間とお金をかけたらまた輝きだすんです。

安価なクリームで良いからマッサージを始める。出掛けなくてもリップくらいは付ける。好きな本を読む時間を作る。月に1度はスカートを履く。
子育て優先の時期なら、こんな些細なことでも良いんです。
1日1時間で良いから。。。無理なら1週間に1度でも良いから、自分のために手間と時間とお金をかける。自分を可愛がり、褒めてあげてご機嫌をとる。今、頑張っている自分を大切にしてあげる。
あなたは妻でありママであるけれど、これからも一生1人の女性なんです。今から諦めちゃダメ。
もちろんそれに気付くのは40代になってからでも50代になってからでも遅くない。

でも、なるべく早く美意識へのモチベーションを上げておくことが輝く40代・50代を迎えるための早道です。

外側と内側、両側からの美意識を強く意識して、今から準備を始めましょう。
美しく輝いている先輩たちのような40代、50代を迎えるために。

仕事と家事と子育てに翻弄された30代を過ごした私から伝えたいことは以上です!(笑)

 

20歳の顔は自然から授かったもの。
30歳の顔は自分の生き様。
50歳の顔には、あなたの価値がにじみ出る。
byココ・シャネル

 この記事の投稿者

菅原裕子

北海道 釧路市でノエビア化粧品のサロンを経営しています。ブライダルメイクで培ったメイクテクニックで女性を若返らせることを中心に「仕事と家事と子育てに忙しい釧路のママ」の毎日を楽しくする為の様々なメニューやイベントを毎月開催中♬ お酒が大好きで365日かかしません!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ