小さな奇跡が繋いでくれるもの〜ブライダルの現場。

菅原裕子の日常

偶然?たまたま?
その一言で片付けてしまうには勿体無いような出来事があったんだ。

昨日は釧路から車で2時間ほどの所にある根室市でブライダルヘアーメイクのお仕事だったの。


昨日のお嫁さんは白無垢に角かくしで挙式です。やっぱりいいな〜。
最近では着ない方が多いんだけど、日本のお嫁さんって感じがして私は大好き!!


白無垢には「あなたの色に染まります。」という意味があるの。
美しいお嫁さんと、優しいお婿さん。
とても素敵でお似合いのお二人です。

 

 

披露宴は色打ち掛けで入場。
華やかな打ち掛けも、とってもお似合い。
お婿さんの袴姿も素敵でしょ?!

 

 

今回のお仕事では、とっても嬉しいことがありました。
一つはこの写真!!

 

真ん中に写っている和服の女性が可愛い女の子を連れて新郎新婦の着付け室にやって来たの。
「2年前はお世話になりました。」って。

あーーーーー!!!思い出した!!!!

そうそう!!2年まえに同じ会場で結婚式をあげたお嫁さんです!!

2年前、一緒に撮った写真。

 

 

と、言うことは・・・・この可愛い子はあの時お嫁さんのお腹にいた赤ちゃんっ!!!
(この時、彼女は妊娠8ヶ月だったの)

お嫁さんのヘアー飾りに興味津々(笑)

 

なんと、この日に挙式した2人は、このご夫婦の弟さん夫婦でした!!
ご兄弟お二人の人生の晴れの日に関わらせていただけるなんて、なんて幸せなんでしょう。

私達はいつも、結婚したお二人との別れ際に「どうぞ末長くお幸せにね。」と言って別れるのだけど、初々しかった2人がこうして本物のご夫婦らしくなって仲良くしている姿を見られるのは滅多にないこと。
だから、本当に嬉しい!!!

しかもあの時、お腹に向かって「きつくないかい?」「大丈夫かい?」って話しかけながら着付けしてたその子がこんなに大きくなって目の前にいるなんて!!

 

声を掛けてくれてありがとう!!これからもずっとずっとお幸せに!!

 

そして、嬉しいことはこれだけではなくて・・・


私、お嫁さんがお色直しでウエディングドレスに着替え、お母様に手を引かれて入場する際の写真にこんな言葉を付けてツイートしたんです。いつも感じていたことを・・・

娘の花嫁姿を見た瞬間のお母さんの表情は、いつも言葉では言い表せない。
「泣きそう」と言う母の言葉に全てが込められているね。
本当はゆっくり娘と向き合い今の気持ちを伝えたいのだろうけど、結婚式当日のご両親にそんな時間はありません。せめて手を引いて共に歩くこの時間をかみしめて欲しい。

 

そうしたらね、こんなリツイートが・・・!!

そっか!!そういう時間必要ですよね〜。これからは、そんな「母の時間」も組み込んで行こう!

嬉しい!!もしかしたら、近いうちに母と花嫁姿の娘が、お互いの気持ちをゆっくり伝え合える結婚式が実現するかもしれない!!(もちろん息子も!切に願う!!嫌がっても逃げられない、母にとっては願ってもない状況www)
私の呟きを拾ってくれた結婚伴奏人のあゆみさん、ありがとうございます!!

こんな風にご家族にも寄り添ってくださるあゆみさんがプロデュースする結婚式は、さぞかし素敵なんだろうな。

久米彩未(あゆみ)結婚伴奏人さんのツイッターはこちら。

 

 

この2つの嬉しい出来事は「偶然」とか「たまたま」という言葉ひとつで済まされることかも知れない。

でも私にとってこのことは、神様が繋げてくれたとっても素敵な「ご縁」であって、決して偶然ではないの。

「あの時、ここに居たから」「あの時、声を掛けたから」「あの時、こっちを選んだから」

そんな小さな奇跡が重なって繋がって、人と人とのご縁ができて行くんだなー。って、幸せな二組のご夫婦を見ながら思ってました。

素敵な奇跡のご縁をありがとう。

あなた達も決して偶然ではなく繋がった2人。

どうぞ末永くお幸せに♡♡♡

 

 この記事の投稿者

菅原裕子

毎日何人もの女性の顔に触れているせいか、女の顔には「生き方」や「考え方」がぜ〜んぶ出てしまうんだなって実感しています。
私の言葉や施術を通して、あなたが女性として「死ぬまで良い顔で生きられる」お手伝いできたら嬉しいと思い、日々感じていることや美容ネタを綴ります。
北海道釧路市でノエビアの美容サロンを経営。ブライダルメイクアップアーティスト。若返りハッピーメイク主宰。
お酒が大好きで365日欠かさない、息子2人をもつ母親です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ