ブライダルメイクの仕事〜出張は体力勝負だ!〜

メイクの話

今日も釧路は暑かった〜(汗)
第二土曜日のためサロンはお休みだったけど
菅原はブライダルメイクのお仕事だったよ♬

釧路から車で2時間半の根室市まで出張だったの。
今日のように出張の場合、会場に到着したらまずする事がコレ。

ブライダルのお仕事は一見「綺麗な仕事」と思われがちだけど、結構過酷です(笑)
家ではアライグマ君(旦那)に「米10キロも持てない女」と思われているけど、実は持てるので(笑)頑張って運びます。

でも、そこはやっぱり51歳(汗)
3階まで重たい衣装を持って何度も往復するのは正直キツイ〜(^^;;
でもさ、何とか頑張れちゃうのは
こんな笑顔に会えるからだよね!

そして、こんな裕メシがエネルギーチャージしてくれるから☆彡

「重たい〜。」「疲れた〜。」「もう無理〜。」なんて言いながらも、美容師さん、着付師さん、そして勿論お嫁さんとお婿さん、親族の方々やお祝いに駆けつけてくれた皆さん、全員が幸せな気持ちになれるような挙式から披露宴までが無事に終わった瞬間は、やっぱり充実感でいっぱいだったりする♡

大変な事もあるけど、やっぱりこの仕事が好きだな♡

願わくば、若い美容師さん達が
もっとブライダルのお仕事の魅力を知ってくれるといいな〜。
ドレスのヘアーメイクを出来る美容師さんは居るけれど、白無垢や色打掛けの着付けが出来たり、角隠しを施せる若い美容師さんが殆ど居ない今の釧路の現状。
身体に鞭打って仕事している大先生達が引退したら、どうなっちゃうのかな?って少し心配(汗)

ウェディングドレスはもちろん素敵だけど
白無垢姿のお嫁さんが、やっぱり一番美しいと感じる日本人♡
(今日のお嫁さんも白無垢に角隠しがとってもお似合いだったよ!写真を撮れずに残念)

この日の帰宅は夜中の12時。
決して楽な仕事ではないけどね。
それでも、その人の人生で一番輝く瞬間のお手伝いを出来るのは、素晴らしい事だと思うのさ。
誰にでも出来る事じゃないと思うのさ。

お嫁さんにお婿さん。美容師さんに着付師さん。
楽屋裏で常に一緒の5人のチームワークが何より大切。

そんな仕事に巡り会えたことに感謝して、
「疲れた〜。」って言いながら
今日もビールを片手に余韻に浸っている菅原です。
新たな人生を歩み始めた2人にカンパーイ。

 この記事の投稿者

菅原裕子

北海道 釧路市でノエビア化粧品のサロンを経営しています。ブライダルメイクで培ったメイクテクニックで女性を若返らせることを中心に「仕事と家事と子育てに忙しい釧路のママ」の毎日を楽しくする為の様々なメニューやイベントを毎月開催中♬ お酒が大好きで365日かかしません!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ