丁寧に生きる。

菅原裕子の日常

こんにちは!

よく言えば、細かいことは気にしない。
悪く言えば、大雑把。
な菅原です。

 

先日、生まれて初めて訪れた広島で、素敵なところにたくさん案内してもらったけど、いまだに心と頭から離れない場所の1つが、やはり広島平和記念資料館(原爆資料館)でした。

原爆ドーム。ここに連れてきてくださったことに感謝します。

 

そこで起こったことを授業やテレビや本で知っているつもりだった自分を恥じました。
何か言おうとしても、どうしても言葉が出てこない。
涙しか出てこない。
どうしてこんなことが起こってしまったのか・・・・。

未来の平和を祈って鶴を折ることしか出来ない私。

 

 

 

私の最近のテーマは「何事も丁寧に。」

雑に生きていたら、後世にたくさんのことを教えるために命を落とした人達に申し訳ないなって改めて思う。

 

そして今日は、1年前に亡くなった、大切な友人の命日です。

あっという間に過ぎていく時間のなかで、彼女のことを毎日思い出すわけではないけれど、ふとした瞬間にあの笑顔が頭を過ぎる。

精一杯生き抜いた彼女を見ていたせいか、
不思議と悲しいとか、寂しいとかいう気持ちではなくてね。
彼女の分まで一生懸命生きようと、ただただ力をもらうのです。

掃除も、食事も、仕事も・・・・
笑うことも、怒ることも、涙を流すことも・・・・
謝ることも、感謝することも、自分の気持ちを伝えることも・・・
愛する家族や友人たちと、もっともっと楽しみたかった彼女の分まで丁寧に生きよう。

彼女の存在自体が愛でしかなかった春日さん。

 

 

神様から呼ばれていない私は、まだこの世でクリア出来ていない課題があるはずだからね。

反省することばかりだけど、1つ1つクリアしていこう。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 この記事の投稿者

菅原裕子

毎日何人もの女性の顔に触れているせいか、女の顔には「生き方」や「考え方」がぜ〜んぶ出てしまうんだなって実感しています。
私の言葉や施術を通して、あなたが女性として「死ぬまで良い顔で生きられる」お手伝いできたら嬉しいと思い、日々感じていることや美容ネタを綴ります。
北海道釧路市でノエビアの美容サロンを経営。ブライダルメイクアップアーティスト。若返りハッピーメイク主宰。
お酒が大好きで365日欠かさない、息子2人をもつ母親です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ