大人の遠足~SL冬の湿原号 その1

菅原裕子の日常

ボランティア・レンジャーみぃなが主宰するみぃな塾「大人の遠足」に行ってきたよ♪
今回の大人の遠足はこれ~。SL冬の湿原号!!

これだよ!これ!!これに乗るの!!
(みぃなのご主人、けんちゃんが撮影)

毎年この時期、釧路駅から標茶駅までを走るSL冬の湿原号。
全国はもちろん、海外からも沢山の方がこのSLを目当てに釧路を訪れます。週末のチケットは、かなり早めに予約しないとすぐに売り切れてしまうので昨年は乗ることが出来ず、今年はそのリベンジ!

乗車する前からワクワクが止まらない〜♫

 

 

下手くそながらも撮り鉄ぶって、SLの写真を撮ってみる。
こんなに間近で見るのは初めて。迫力ある~。

 

 

 

すぐに沢山の人に取り囲まれるSL。隙間をぬって素早くポーズ!!

誰も写りこまないように撮影するのは至難の業(笑)

この日の釧路はめっちゃ寒くて、スマホのシャッターを押す指が凍えて、みるみる動かなくなる。
早々に車内へ。そして、すぐさま売店へ!!

車両内にある売店には飲み物やお弁当、ここでしか食べられないプリンなどが売っている。

だって、湿原号に乗るならコレを買わなくっちゃ~♪

そう!スルメ!!大きなスルメはマヨネーズ付きで800円。小さなスルメは美紀ちゃんの持ち込みです(笑)
石炭をくべて燃やすルンペンストーブが各車両に1台ずつ備え付けられていて、その上でスルメを焼いて食べるのがこの遠足の大きな楽しみ♪ お餅を焼いている人もいたよ~。

私達が子供の頃はどこの家庭にもあったルンペンストーブ。

塾長みぃな、今回も立派なカメラで激写しまくり♬

もちろん、ビールも一緒にね♬ ここは敢えて、北海道限定のサッポロクラシックビール!

スルメの匂いだけで1缶いけるな(笑)

4人掛けのテーブル席で、釧路湿原を眺めたり、好きな物を飲んだり食べたりしながらゆったりとした1時間半の道のり。私と美紀ちゃん、紫乃の3人が座った席には他に男性が1人。

「もし良かったら一緒にどうですか?」と、焼いたスルメとサッポロクラッシックを差し出したら、恥ずかしそうに受け取ってくれて〜。(キャーキャーとテンション高い熟女3人に取り囲まれ、差し出されたら大抵は断る勇気などないであろう 笑)

はい、ビールで乾杯したら、その時点でもう友達。よくよく聞いたら(熟女3人で質問攻め)彼は台湾から来た観光客でした!

チョーさんと言って、これから二週間かけて日本を南下するんだとか。日本語がお上手で会話も弾む〜🎵

チョーさんの話を聞いていたら台湾に行ってみたくなっちゃった!塾長!いつかは「大人の遠足〜台湾遠征」なんてどうでしょうか?(笑)

食べて食べて…

凄いツマミの量(笑)

飲んで飲んで…

塾長みぃなと、みぃな塾のアイドルりの。

喋って喋って…

手にしているのは乗客が貰える記念カード。

1時間半はあっという間。←これ以上乗ったら酔っぱらうからちょうど良い距離(笑)

帰りのSLに乗らないチョーさんとはココでお別れ。またいつか何処かで会いましょう!

チョーさん、またね〜。日本の旅を楽しんで!!

釧路へ戻る湿原号の発車時刻までは、これまた1時間半ほど。その間、何をしていたかは長くなるので続きはまた次回〜。

 この記事の投稿者

菅原裕子

毎日何人もの女性の顔に触れているせいか、女の顔には「生き方」や「考え方」がぜ〜んぶ出てしまうんだなって実感しています。
私の言葉や施術を通して、あなたが女性として「死ぬまで良い顔で生きられる」お手伝いできたら嬉しいと思い、日々感じていることや美容ネタを綴ります。
北海道釧路市でノエビアの美容サロンを経営。ブライダルメイクアップアーティスト。若返りハッピーメイク主宰。
お酒が大好きで365日欠かさない、息子2人をもつ母親です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ