女性の賞味期限は何歳?

幸福論, 菅原裕子の日常

ノエビアを何十年も愛用してくださっているお客様がお仕事をリタイアされました。
今まで自分のために使うお給料が毎月あったのに、来月からは年金生活です。
どこで節約するの?となったら、女性の場合はやはりお化粧品代やお洋服代でしょうか?

ようは自分にかけるお金を減らすってコトです。

それはそれで、その方の生活が掛かっている訳だからご本人の判断だし、私でもそうすると思うの。

ただね、仕事を辞めることと女性を辞めることは一緒にならないと思うのです。

 

こんにちは。女は生き方が顔に出る!
だからこそ、私が思う幸福論と美容テクニックで、あなたが死ぬまで良い顔でいるお手伝いがしたい菅原です。

 

そのお客様は、それでもいつものお化粧品を買っていかれました。

日本女性の寿命はどんどん伸びています。
そうして、若々しくて元気なお年寄りも増えています。

私の周りには、幾つになっても若々しくて元気な女性がたくさん!

私は子供の頃、50歳くらいの近所に住むオバちゃん達を見て「この人の人生の楽しみはもう終わったな。」と思っていました(なんて失礼な子供 笑)
でも、そのくらい昔の50代は老けて見えたのです。
ほら!サザエさんのお母さんのフネさんは52歳の設定ですよ!
どう見てもお婆ちゃんに見えるけど、私より年下!!笑笑

 

でも、今はどうですか?
今は50代も60代も70代だって、みんなオシャレで綺麗!!!
お仕事をリタイアされてから人生を謳歌している女性のなんと多いことか。

むしろ、子育てが終わり、親の介護を乗り越え、もっと言えば、ご主人が逝くのを見送ってからの方が生き生きと自分の人生を生きている女性がお客様の中にも大勢いらっしゃいます。

そんな女性を数多く見てきて思うんですけど、仕事を辞めても、子育てが終わっても、ご主人が先に逝っても、現代の女性は老け込んでいる場合ではない!ということ。

元気なお年寄りが増えている分、幾つになっても楽しめるカルチャースクールやサークルがどんどん増え、お金をかけなくても出掛けられる場所はいくらでもあります。

そんな時はやはり、髪をきれいに整えて、身だしなみ程度でもメイクをして、お顔が明るく見える色のお洋服を着て出掛けたいじゃないですか!

たとえ自分にお金を掛けられなくても、手を掛けることはやめないでいただきたいなって思うのです。

 

私が尊敬する92歳の代理店所長さんの言葉。
「化粧をしなくなったら女は終わりよ!」

 

 

あなたの女性としての賞味期限を決めるのはあなたです。

#菅原裕子の幸福論

 

 

★10年後も美肌でいられるスキンケアレッスン詳細・お申し込みはこちらから。
★なりたい自分になる!若返りハッピーメイクレッスン詳細・お申し込みはこちらから。
★毎日頑張っている自分にご褒美癒しのフェイシャルマッサージ詳細・お申し込みはこちらから。

 この記事の投稿者

菅原裕子

毎日何人もの女性の顔に触れているせいか、女の顔には「生き方」や「考え方」がぜ〜んぶ出てしまうんだなって実感しています。
私の言葉や施術を通して、あなたが女性として「死ぬまで良い顔で生きられる」お手伝いできたら嬉しいと思い、日々感じていることや美容ネタを綴ります。
北海道釧路市でノエビアの美容サロンを経営。ブライダルメイクアップアーティスト。若返りハッピーメイク主宰。
お酒が大好きで365日欠かさない、息子2人をもつ母親です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0 follow us in feedly

メッセージ

入力エリアすべてが必須項目です。
メールアドレスが公開されることはありません。

*コメント

*名前

ページ最上部へ